弁理士紹介

所長

弁理士
萩原 誠

略歴

1966年3月
静岡大学工学部卒業 電子工学科専攻
1966年4月
沖電気工業株式会社入社
1966~1980年
研究所、八王子事業所において、半導体デバイスのプロセス、回路設計に従事
1980年8月
本社特許部に転籍
1992~1995年3月
法務・知的財産権センター知的財産権部長
1995年6月
沖電気工業株式会社退職
1995年7月
萩原国際特許事務所開設
1980年
弁理士登録(No.8636)
1981~1983年
特許協会(現知的財産協会)特許委員会委員
1984~1988年
同上 国際委員会委員
1981~1995年
(社)日本電子機械工業会特許委員会委員
2003年
平成15年度特定侵害訴訟代理業務試験 合格
2006年~
日本知的財産仲裁センター 必須判定人候補者
2009年
第一級陸上無線技術士
2010年~
知財高裁、東京地裁、大阪地裁 専門委員

10年間(2006~現在)の実績

出願業務
  • 新規出願数:771件
係争処理
  1. 特許侵害訴訟事件関与(ワ):7件
  2. 審決取消事件関与(行ケ):6件
  3. 専門委員関与:5件
特許売買・ライセンス
  • :6件
鑑定、その他
  1. 特許有効性鑑定:139件
  2. 必須特許判定(必須判定人):62件

所属弁理士

弁理士
川上 和秀

略歴

2003年3月
慶應義塾大学文学部卒業 人間関係学科社会学専攻
2003年~2005年
帝人グループのSI企業にて、システムエンジニアとして勤務
2005年4月
慶應義塾大学環境情報学部入学
2008年3月
慶應義塾大学環境情報学部卒業
2009年4月
弁理士登録(No.16325)
2010年10月
萩原国際特許事務所入所

官公庁業務実績

商標ブランディング
  • 特許庁産業財産権制度問題調査研究
    • 「新しいタイプの商標審査に関連した色彩に関する調査研究」(特許庁 2015)統括管理者
    • 「商標制度におけるコンセント制度についての調査研究」(特許庁 2015)統括管理者
    • 「商標審査基準の改訂に資する審判・裁判例に関する調査研究」(特許庁 2015)統括管理者
    • 「キャッチフレーズ等の識別力に関する調査研究」(特許庁 2014)統括管理者
  • 商標拒絶審決証拠の収集等業務(特許庁 2011年~2013)調査主任
  • 商標に関する判決例の要約作成業務(特許庁 2012年~2014)校閲主任
  • 梨新品種のブランド化に係る首都圏情報発信計画の作成及び実施業務(鳥取県 2012年)プロジェクトリーダー
特許情報解析、評価
  • 産学連携特許と関連大学特許・関連企業特許間の技術相関の調査分析(科学技術政策研究所 2012年)業務責任者
  • 名古屋大学知的財産の市場性評価業務(名古屋大学 2012年)プロジェクトリーダー
知的財産政策
  • 東京都の知的財産政策のあり方に関する調査・研究及び提案業務(東京都 2012年)統括責任者
  • 外国出願支援ニーズ調査事業(神奈川県 2011年)プロジェクトリーダー

所属弁理士

弁理士
下田 一弘

略歴

1977年
大阪大学大学院卒業 工学研究科石油化学専攻修士
1977年
テルモ株式会社入社
1977~1986年
技術開発部(現 湘南センター)において、医療用中空糸膜(透析、人工肺)の開発に従事
1986年
富士写真フイルム入社
1986~1996年
足柄研究所(現 フラットパネルディスプレイ材料研究所)において、精密ろ過膜(超純水、ビール)の開発、液晶表示用光学フィルム(TACフィルム、WVフィルム)の開発に従事
1996~2006年
神奈川工場(現 フラットパネルディスプレイ材料生産部)において、液晶表示用光学フィルム(WVフィルム、CVフィルム)の生産立ち上げ、生産(生産管理、品質保証)に従事
2006~2009年
フラットパネルディスプレイ材料生産部門知財統括
2010年
弁理士登録(No. 16764)
2010~2012年
ペクセル・テクノロジーズ株式会社入社 知的財産部門立ち上げ、色素増感型太陽電池の出願、権利監視、渉外に従事
2013年
萩原国際特許事務所入所
2014年~
国立大学法人鳥取大学 客員教授 産学・地域連携推進機構

委員歴等

2012年~
日本弁理士会ADR推進機構委員(2013年、2014年,2016年副委員長)
2012~2013年
日本弁理士会知的財産価値評価センター委員(2013年副部長)
2013年~
日本知的財産仲裁センター本部運営委員(渉外・広報・研修部会長)
2013年~
日本ライセンス協会 判例研究WG(関東)、ブランディングWG
2014年
日本弁理士会中国支部副支部長(鳥取県、研修担当)
2015年~
日本弁理士会著作権委員会委員
2014年~2015年
知財総合支援窓口(鳥取県) 知財専門家(INPIT)
2016年
窓口機能強化事業 派遣専門家(三菱UFJリサーチ&コンサル)

講義・講演

「新規事業におけるモノづくり~基盤技術と品質保証」
2014年 鳥取大学産業科学特別講義
「インターネットと著作権~著作物を適法に利用するために~」
2015年 鳥取大学産業科学特別講義
「インターネットと著作権~AI芸術作品の著作権保護の是非、著作物の適法な利用~」
2016年 鳥取大学産業科学特別講義
「特許基礎セミナー:特許法の基本事項、出願書類、特許請求の範囲記載の留意点、発明の分析と把握、事例検討」
「特許検索セミナー:特許情報と特許調査の目的、特許調査の進め方、特許検索事例検討」
2014年~ 鳥取大学知的財産インターンシップ
「知的財産権の紛争処理~裁判外紛争解決手段(ADR)の活用~」
2013年 日本弁理士会中国支部研修
「知財紛争解決の有効な手段~裁判外紛争解決手続(ADR)の活用~」
2015年 日本弁理士会九州支部研修
「日本知的財産仲裁センターの紹介と活用法」
2013年 発明通信社主催・国内外紛争処理助成セミナー
「紛争解決のための調停・仲裁の基礎知識~調停と仲裁はこんなに違う!~」
2015年 発明通信社主催・日本知的財産仲裁センターADR 事業活用セミナー

取り扱い分野(専門分野)

  • 機能材料(樹脂製品・フィルム・繊維素材・塗料・接着剤・添加剤)
  • 太陽電池(有機薄膜太陽電池・色素増感太陽電池)、燃料電池二次電池
  • フラットパネル材料(偏光板・位相差フィルム・反射防止フィルム)
  • 水処理、膜分離
  • 金属加工(メッキ・表面処理・成形)、プラスチック加工
  • 医療機器(人工臓器・バイオ素材・生体適合性材料)、医療補助装置
  • 基礎化学品、低分子有機化合物

所属弁理士

弁理士・薬剤師
武藤 啓侑

略歴

2009年3月
明治薬科大学薬学部製薬学科卒業 
2009年6月
薬剤師免許取得(No.436662)
2009年~2013年
大手ドラッグストアチェーンにて、薬剤師として勤務
2013年~2015年
病院にて、薬剤師として勤務
2015年~2016年
光通信グループ薬局向けアプリケーション開発企業の企画部にて勤務
2017年7月
萩原国際特許事務所入所
2017年8月
弁理士登録(No.21238)

専門分野

  • 製薬
  • 化学
  • バイオ

 弁理士資格を有するのみならず、技術的知識と臨床経験を有する薬剤師でもあり、製薬・化学・バイオ分野を専門としている。官公庁委託調査において、再生医療等製品をはじめ、バイオ分野の特許情報解析を行った実績を有し、医療分野に特に精通している。

Page Top